依頼先の会社を絞り込む

まずは依頼先の住宅会社の候補を探す

すでに知っている住宅会社や見たことのある住宅会社だけが、依頼先となるとは限りません。インターネットや住宅専門誌の下調べからスタートすれば、これまで知らなかったより多くの住宅会社と出会える可能性が広がります。また、オンライン相談会や動画を活用して完成見学会を開催する住宅会社が増えています。そのため、初めから住宅会社を絞り込み過ぎず、幅広く候補先の住宅会社を検討すると良いでしょう。もちろん、実物の建物を見学して初めてわかることも少なくありません。実際の見学会に参加して、自分の好みや思い描いていたイメージと重なるかチェックすることも忘れずに行います。そして、各社の希望と合う点や合わない点を整理して、比較検討を進めていきます。

依頼先の住宅会社を絞り込む

依頼先となる住宅会社の候補先を探したら、次は候補を3~4社に絞り込んでアプローチを行います。ただし、複数の住宅会社との打ち合わせが始まると、日程調整や遠距離移動の煩雑さがネックになることがあります。打ち合わせを繰り返すうちに疲れが出て、思うように作業が進まないことが出てくるでしょう。そこで、インターネットを活用したリモート打ち合わせを利用すると良いです。何故なら、空き時間に効率よく打ち合わせができ、時間短縮だけでなく小さな子どもがいても気兼ねなく行えるからです。リモート打ち合わせの結果、候補が絞り込めたら、今度は直接会ってさらに話を進めるようにします。そこでプランニングや見積もりを出してもらい、条件にマッチした住宅会社を選びましょう。

新築一戸建てを建てる際、見学するときには、基礎や構造がわかるように、建築途中の状態を見ておくことがポイントです。